モンスターストライク攻略速報|モンスト攻略・まとめ速報

2,379PV

灼炎の狂闘士 リン・ツー

337: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:44:25.07 ID:KzJN2hpWp.net
zzusvwB
このリンツーどう思う…?

 

341: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:46:37.80 ID:C3IZM9LS0.net
>>337
鈍足だから失神もそこまで恩恵無いけどMだからそれは残して、わてなら加速を加撃にするかな

 

366: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:15:00.19 ID:KzJN2hpWp.net
>>341
一個加撃にしたら両方加撃にしたくなるな
少しでも速度あげようと思ったんだが

 

368: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:18:45.75 ID:C3IZM9LS0.net
>>366
両方加撃で良いと思うよ
クシ零では勾玉狙い基本でボス当たりに行かないことも多いから失神はね…
無印ならすぐでるけど、Mだから少し躊躇しただけよ
パワー型で減速率も高いから、スピードより一発の威力に全て注いだ方がいいかと

 

372: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:24:18.22 ID:KzJN2hpWp.net
>>368
俺もそう思うけどMだから消せない
ちなみに卑弥呼に同族加撃特どう思う?
友撃特まで粘るべき?

 

373: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:28:34.35 ID:6keU2coKd.net
>>372
粘りたくなるな

 

344: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:51:18.88 ID:e9VSEknf0.net
>>337
うちのリンツーなんてこうだぞ
tjPFfwa
獣神化してもリンツーはリンツーのポジションよ

 

345: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:53:20.88 ID:BDOxDDQzd.net
>>344
攻撃は最大の防御!!!

 

351: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:57:41.41 ID:e9VSEknf0.net
>>345
補正値だけ見たら同族撃種特級と同じなんだぜ?付け替える気にもならん

 

340: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:46:21.49 ID:OKxFcUFi0.net
パワー型で失神はな

 

349: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:55:48.55 ID:9rkzjcaW0.net
貫通に一撃って効果あるの?
一撃持ってないから教えてくれないか?

 

352: モンスト速報 2016/03/03(木) 14:59:59.06 ID:Z8fOIdMWD.net
>>349
ナポと天草に一撃失神つけててナミ周回してたけど弱点往復すると結構な確率でピヨるよ
今日進化前のアヴァロン2体余らせてたから久々に回ったけど中ボス&ボスで結構ピヨってくれた

 

353: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:00:34.82 ID:C3IZM9LS0.net

>>349
クーフーで使ってるけどかなりいいよ
SS時も結構失神するし

リンツーは鈍足且つSSも動かないタイプだから微妙だけど

 

361: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:08:24.45 ID:9rkzjcaW0.net
>>352>>353
レスありがと
自分なりに調べてみたら一撃は貫通と相当相性が良さそうだな
一撃の特級を謙信か桜に付けたいな

 

356: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:06:12.20 ID:MJeppw/1F.net
>>353
クーフーの一撃失神ニラでどうだった?
アヴァロンで天草の一撃失神がバイクマンで発動して酷いループに陥った事があるわw

 

360: モンスト速報 2016/03/03(木) 15:08:17.52 ID:C3IZM9LS0.net
>>356
ニラはクーフーでアンコウ倒さないように配慮しないといけなくなる
気をつけてるから事故ったことは無いけど、マルチだと嫌われると思う
慣れればめちゃくちゃ使えるけど、失神持ちは2体以上になるとリスキーかな

 

1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(1)
  • No.
    1

    加撃とかって影響の強い方の効果のみじゃなかった?
    獣神化の初期にこんな話あった気がするけど。


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ