モンスターストライク攻略速報|モンスト攻略・まとめ速報

1,387PV

運極

461: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:19:05.46 ID:2qn1u0pi0
モンストって運極作ってその運極で更に強い運極作ってっていうゲームだと思ってた

 

467: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:20:49.68 ID:Fq7pxCRxd
>>461
(′・ω・)
むしろ逆だお
強い運極で弱い運極を作り続けるハムスターゲームだお
スキュラにクシナダ運極が殺到してるのは滑稽だお

 

481: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:25:21.31 ID:2qn1u0pi0
>>467
クシナダ運極作るまでのプロセスがクイバタ→イザナミ→クシナダだと思ってるんだけど、これは弱い奴から強い奴に当てはまると思うんやが

 

506: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:38:00.96 ID:lFk/mLy6p
>>481
俺はホスト龍馬でナミ募集しまくって串作ったぞ!クイバタ運極は16体目くらいにできた

 

513: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:42:54.14 ID:2qn1u0pi0
>>506
それが効率的だよなぁ。運極作りは的を絞ってあとは覇者攻略に時間使うのが理想やね

 

476: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:23:35.01 ID:g70t26FHM
>>461
上級者、トップ層、プロスト(暇な人)はそういうゲームだと認識してるよ一般的なゲーマーって人達だね!仕事あったり、女がいたり、夏だからイベントも沢山あるけどそういう事に無縁な人達にはそういうゲーム!

 

494: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:32:34.40 ID:2qn1u0pi0
>>476
納得した

 

490: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:29:47.60 ID:tKqjpHmD0
俺的には運極作成を続ける事に疑問を持たないようにする努力が必要なゲームだと思う
自分の中でなにかしらの理由を作り続ける事が大事

 

493: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:32:10.74 ID:iLpSqWQz0
>>490
ハクア貰うまでは理由があったが、30体から運極数増えてないわ
スキュラみたいな好みのキャラには心揺らされるけどね

 

504: モンスト速報 2016/07/04(月) 10:37:09.79 ID:PE33PEXpa
>>493
運極なんて、爆絶と超絶の運枠になるものだけ集めてたら事足りるんじゃない?
余計な使えない運極まで集めてる人の気が知れないわ。
まあ、最近は運極ボーナスが増えて、無駄な努力が無駄じゃなくなってきたけど、それでもあんな労力考えたら運極ボーナスなんて要らないわ(笑)

 

549: モンスト速報 2016/07/04(月) 11:09:57.21 ID:6rMi0Mmdd
>>504
何で爆絶超絶の運枠作るの?

 

553: モンスト速報 2016/07/04(月) 11:12:47.17 ID:PE33PEXpa
>>549
ガチャ限で適正運枠3人募集。

 

557: モンスト速報 2016/07/04(月) 11:15:08.96 ID:6rMi0Mmdd
>>553
すまんそうじゃなくてどうして作るの?ってこと

 

562: モンスト速報 2016/07/04(月) 11:18:20.13 ID:PE33PEXpa
>>557
見栄えがいいから。

 

575: モンスト速報 2016/07/04(月) 11:27:49.64 ID:O7YLrUhsd
>>557
自分は運極には執着心ないけど
運極もゲーム楽しみ方の1つなんでしょ
どのゲームでもその中でコレクション集めるのはザラにあることだし、運枠という縛られた条件のなかでたくさん集めたいって目的が増える人もいる
そこを楽しめる人もいれば興味ない人もいる

 

1001: 2015/06/29 00:38:58 ID:
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(2)
  • No.
    1

    家族仕事あっても運極欲しいって、
    ゲーム好きなら、いいんじゃないかな?
    人それぞれだし、自分の考えと
    違う人いるから、世界だよ


  • No.
    2

    見た目でも性能でも気に入ったキャラは強化出来る部分は出来る限り強化したいだろ?
    そういう事だと思う


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ